メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う・ことば・解説

  • ことば

    旧優生保護法の4条と12条

     ◇旧優生保護法の4条と12条 強制不妊手術の条件などを規定。4条は、法律で定める精神疾患や身体障害などの「遺伝を防ぐ目的」とし、医師が公益上必要と認めた場合に…

  • ことば

    山形県の強制不妊手術

     ◇山形県の強制不妊手術 国の統計資料によると、445人が強制された。県のこれまでの調査では、1970~95年度に78人が県優生保護審査会で「手術すべきだ」とさ…

  • ことば

    北海道の強制不妊手術

     ◇北海道の強制不妊手術 国の統計資料によると、全国で不妊手術を強制された1万6475人のうち北海道は最多の2593人。道は1956年、実績を記録した冊子「優生…

  • ことば

    優生思想

     ◇優生思想 優秀な能力を持つ者の遺伝子を保護すべきだとの考えで、英国で提唱された「優生学」が思想的裏付けを与えた。旧優生保護法にもこの思想が反映されたが、遺伝…

  • ことば

    強制手術の記録資料

     ◇強制手術の記録資料 旧優生保護法下で強制不妊手術を受けた都道府県ごとの人数は、旧厚生省の統計資料「衛生年報」や「優生保護統計報告」などから分かっているが、個…

  • ことば

    優生保護法の特徴と手術数の地域間格差

     ◇優生保護法の特徴と手術数の地域間格差 遺伝と障害を関係づけ、「不良な子孫の出生防止」を掲げた。国は手術を強制する際の身体の拘束、麻酔の使用、欺罔(ぎもう=だ…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. 所信表明さながら? 枝野氏「共生社会」提唱で対立軸設定急ぐ

  3. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

  4. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  5. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです