メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

永山悦子・オピニオングループ編集委員によるコラムです。

  • 平和賞が問うもの=永山悦子

     今年のノーベル平和賞に国連世界食糧計画(WFP)が選ばれたと聞き、ある人を思い出した。 WFPエジプト事務所の福永直子副代表だ。福永さんとの出会いは偶然だった…

  • 研究のハッピーエンド=永山悦子

     がんなど治療が難しい病気の治療の基礎研究について取材するとき、研究者に「何年くらいで臨床応用できそうですか」とたずねることが多い。患者にとって一番の関心事だか…

  • リーダーか専制か=永山悦子

     学術界の人事をめぐる気になる出来事が続いた。一つは、大きなニュースになった日本学術会議の新会員の任命拒否問題。もう一つは、東京大の新学長の選考だ。 前者につい…

  • 月の石は誰のもの?=永山悦子

     今月10日に流れた米航空宇宙局(NASA)のジム・ブライデンスタイン長官のツイートには驚いた。「NASAは民間企業から月の土を買います」。NASAはすでにアポ…

  • ウエディングドレスの力=永山悦子

     女の子があこがれるドレスの中でも、特別なのがウエディングドレスだろう。今の白いドレスとベールというスタイルが定着したのは、英国のビクトリア女王(1819~19…

  • 治療と仕事の両立=永山悦子

     少し古いデータだが、2013年にがん患者を対象に実施した調査で、がん診断後に勤務先を依願退職したか解雇された人が計35%いた。自営業の人も17%が廃業を選んで…

  • ベテラン天文学者の挑戦=永山悦子

     1000年以上も昔の986年、時の天皇が出家した。当時の陰陽師(おんようじ)は安倍晴明。陰陽師は天体を観測し、その解釈を天皇に伝える天文学者。この出家に晴明が…

  • 雑談の効用=永山悦子

     新しい生活様式に合わせ、「Zoom」などインターネットのウェブ会議システムを使う取材が増えた。先方の指定する場所まで移動する必要はないし、自宅にいても取材がで…

  • 日本の弱点=永山悦子

     3年前、英科学誌ネイチャーが「日本の科学研究は、この10年で失速している」という分析を発表した。同誌は、主要科学誌に載る日本発の論文が減ったことなどから、「日…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです