メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

暴虐の傷痕

2003年のイラク戦争開戦後、混迷する社会でISの前身組織が生まれた。改称した14年以降、ISは一時イラクやシリアにまたがる広域を支配。殺人や拉致、レイプなど暴虐の限りを尽くし、イスラム教徒からも非難の声が上がった。イラク政府は2017年12月、ISとの戦いに勝利したと宣言した。復興に向けて歩み始めたイラクで、子どもたちに深く刻まれた傷痕を追った。

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 下船後に新型コロナ陽性続出「事後対応強化している」 菅官房長官会見詳報

  4. 中国、日本に新型コロナの検査キット提供 「ウイルスとの戦いに国境はない」

  5. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです