メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画のミカタ

話題の作品や映画を取り巻く状況を紹介する。

  • 上映とは…問われる根幹=勝田友巳

     広辞苑第七版で「映画」を引くと「長いフィルム上に連続撮影した多数の静止画像を、映写機で急速に順次投影し、目の残像現象を利用して動きのある画像としてみせるもの」…

  • ベネチアの決断=勝田友巳

     黒沢清監督の新作「スパイの妻」が、ベネチア国際映画祭の、金獅子賞などを競うコンペティションに選ばれた。驚いたのは黒沢作品のコンペ入りよりむしろ、ベネチアが予定…

  • 撮影現場も様変わり=勝田友巳

     新型コロナウイルスを警戒しながら、映画界もソロソロと動き出した。映画館には新作が届いて客足が少しずつ戻り、撮影の再開も聞こえてくる。とはいえ以前の通りとはいか…

  • 力を合わせるのは苦手でも=勝田友巳

     新型コロナウイルス禍に苦しむ小規模映画館を支援するクラウドファンディング「ミニシアター・エイド基金」は、約3万人から約3億円を集めて終了した。予定の3倍という…

  • 反戦、メディアに託す=勝田友巳

     大林宣彦監督を最後に単独で取材したのは、「花筐/HANAGATAMI」公開前のことだった。取材はいつも冗舌な監督の独壇場、しかもそのまま記事になりそうな話し上…

  • 公開延期が続々、現場は戦々恐々=勝田友巳

     新型コロナウイルス、映画界も大混乱させている。 新作の公開延期は3月から30本以上、さらに増えそうだ。ほとんどは新たな公開日が決まらず、1年先送りの作品もある…

  • 忘れられた“傑作”=勝田友巳

     アカデミー賞作品賞とカンヌ国際映画祭のパルムドール。映画人なら誰もが憧れる映画賞の双璧だ。片方だけでも一大事なのに「パラサイト 半地下の家族」は両方を制したの…

  • カラ元気?=勝田友巳

     日本映画製作者連盟が発表した2019年の映画概況によると、年間総興行収入は2611億8000万円で過去最高、観客動員は1億9491万人と前年比15%増という。…

  • 製作現場の構造転換目指す=勝田友巳

     30代、フリーランスの助監督、年収は500万円だが映画での収入は100万円未満。それでも映画が好きで、将来は監督に……。経済産業省が昨年行った、「映画産業の制…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  3. ママ、待って待って ブラジルバクの赤ちゃん「ユウキ」公開 甲府市遊亀公園付属動物園

  4. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです