メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・山田祐一郎

会社員を経て「ヌードルライター」として活動する山田祐一郎さんの連載です。思い出の麺を、その裏側にある歴史、物語、料理人の愛情まで含めて紹介します。

  • つるつる道をゆく 土鍋で熱々、最後まで

     開店15分前に着いたら既に店の前に人だかり。受付ボードに名前を書いて、順番を待つ。開店時間になると名前が呼ばれ、8人組、6人組といった団体客が続々と店内へと吸…

  • つるつる道をゆく やわらかさに幸せ

     ふわふわとやわらかな食感の太い麺、そして真っ黒なタレ。日本中、どこを探しても伊勢うどんほど個性的なうどんは存在しないのではないか。 伊勢うどんの麺はおよそ1セ…

  • つるつる道をゆく 岐阜のソウルフード

     大辞林によるとソウルフードとは「アメリカ南部の郷土料理。アフリカ系アメリカ人が奴隷制時代に工夫して作り上げていった料理をルーツにもつ」のだという。加えて「転じ…

  • つるつる道をゆく 麺で始まる朝を

     パンか、ご飯か。多くの人にとって朝食といえば、このいずれかではないだろうか。ただ、日本には麺が選択肢に加わる地域が存在する。 「喜多方ラーメン」が親しまれる福…

  • つるつる道をゆく 近所にほしい名店

     こういう店が家の近所にあったらいいのに。最近、ぼくがひかれるのは、そんな店だ。過去には食事のためにわざわざ飛行機に乗った。1人何万円もするコースも食べた。予約…

  • つるつる道をゆく 機械打ちにも名人

     初めに言っておくと、どっちがすぐれているというような極論を出したいわけではない。それは「こきんや」の4代目・西野隆文さんも同じだと思う。 「こきんや」は愛媛県…

  • つるつる道をゆく 素材いいとこどり

     ご当地ラーメンには、各地域で育まれてきた独自の個性がある。ご当地ならではの味わい。それを本場で食べるという体験は、ぼくにとっては最高にぜいたくであり、その感動…

  • つるつる道をゆく 粉から勝負、魔法の麺

     日本にうどんの店は数え切れないほどある。その中で自家製麺をうたう店もあまたある。ただ、自家製粉となるとまれだ。一般的にうどんは小麦粉と塩水で打つ。自家製粉とは…

  • つるつる道をゆく 台湾へ和え麺求め

     台湾の和(あ)え麺が好きで好きでたまらない。和え麺とはゆでた麺を具材やタレ、調味料などと和えて食べる料理で、ラーメンやうどんのようにスープがないものが基本の形…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  2. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  3. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです