メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

きままに演芸

落語、寄席などの演芸にまつわる情報を「きままに」お届けします。

  • 上方落語、はやらせる

     上方落語家の林家染二が28日、東京・千代田区立内幸町ホールで独演会を開く予定だ。5、8月と来年2月にも同じ会場での独演会開催を決めており、「退路を断つつもりで…

  • 東京・神保町によしもと劇場

     吉本興業所属で、東京を拠点にする芸歴6年目以下の若手芸人が出演する「神保町よしもと漫才劇場」が神保町シアタービル2階(東京都千代田区)にオープンした。養成所を…

  • 弁士の話芸を楽しむ

     寄席たいゆう亭「映画ヲ語ルの巻」が2月1日の午後1時半と午後6時、東京・新宿の紀伊国屋ホールで開かれる。無声映画のスクリーンの傍らで映像について説明をつける活…

  • 玉川奈々福の狂言回し

     人気浪曲師の玉川奈々福=写真=が来年1月8~24日、東京・新国立劇場中劇場で舞台「阿呆浪士」(脚本・鈴木聡、演出・ラサール石井)に狂言回しの役割で出演する。「…

  • 文珍、しゃべりの五輪

     上方落語の重鎮、桂文珍が来年2~3月、芸歴50周年を記念して、国立劇場大劇場(東京都千代田区)で20日間にわたる独演会を開催する。上方と江戸の人気落語家・講談…

  • じゅんじゅんと入門60年

     人間国宝の落語家、柳家小三治=写真=の新音源CDが6カ月連続で発売されているのを記念したイベントが、東京・有楽町朝日ホールで開かれた。今年、傘寿を迎える小三治…

  • 5人の真打ち誕生へ

     今秋、落語芸術協会(春風亭昇太会長)の三代目柳亭小痴楽が真打ちに昇進した。落語協会(柳亭市馬会長)からも、柳家わさび▽喬の字改め柳家小志ん▽初音家左吉改め古今…

  • 新旧の紙切り見比べて

     寄席で客席からお題を募り、即座に紙を一筆書きのように切り抜いて絵を完成させる「紙切り」。東京の寄席で盛んな紙切り芸の魅力を特集した展示会が、国立演芸場(東京都…

  • 円朝が集めた幽霊画

     夏の風物詩といえば怪談話。東京・谷中の全生庵で8月1~31日、毎年恒例の「幽霊画展」が開催される。江戸末期から明治にかけて活躍し、落語中興の祖といわれる三遊亭…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです