メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎月勤労統計 不正調査問題

厚労省が公表する「毎月勤労統計」で、ルールに反する抽出調査は2004年から15年間も続いていた。不正な調査手法を容認するマニュアルが作成され、その後に削除されたり、全数調査に近づけるためのデータ補正をしながら公表していなかったり、組織的な関与や隠蔽(いんぺい)をうかがわせる不審点がいくつも浮上している。

  • 残業代13カ月連続マイナス

     厚生労働省が6日発表した9月の毎月勤労統計調査(速報値、従業員5人以上)によると、基本給や残業代を合わせた1人当たりの現金給与総額(名目賃金)は前年同月比0.…

  • 勤労統計で集計漏れ

     厚生労働省は5日、毎月勤労統計調査で集計ミスがあり、労災保険の遺族年金や障害年金で追加給付が生じると発表した。本来全数調査すべき500人以上の事業所のうち、2…

  • 8月給与総額、1.3%減

     厚生労働省が9日発表した8月の毎月勤労統計調査(速報値、従業員5人以上)によると、基本給や残業代を合わせた1人当たりの現金給与総額(名目賃金)は前年同月比1.…

  • 5月残業代25%減 下げ幅過去最大更新

     厚生労働省が7日発表した5月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上の事業所)によると、残業代など1人当たりの所定外給与は前年同月比25・8%減の1万4601…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

  2. フィギュアスケート NHK杯 高橋、34歳の新世界 アイスダンス初公式戦 「上出来」の2位発進

  3. 視聴室 十三人の刺客

  4. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  5. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです