メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

窓をあけて

元村有希子編集委員の新コラム「窓をあけて」。1989年毎日新聞社入社。「理系白書」の報道などで2006年、第1回科学ジャーナリスト大賞。科学環境部長などを経て現職。近著に『科学のミカタ』(毎日新聞出版)。趣味は居酒屋、温泉。

  • 台所から世界へ=編集委員・元村有希子

     大みそか、緒方貞子さんの追悼番組を見て印象に残った一言がある。 「台所から参りました」 41歳で国連総会に初参加した緒方さんが、こう自己紹介したというのだ。当…

  • 寺という居場所=編集委員・元村有希子

     縁あって、お寺で講演をした。福島市にある「盛林寺」住職、岡野定丸さん(53)に頼まれた。400年の歴史をもつ寺の22代目である。広い本堂で、ご本尊に見守られな…

  • 星空を届ける人=編集委員・元村有希子

     宙(そら)先案内人。これが高橋真理子さん(49)の肩書だ。空気で膨らませるドーム型のテントとプラネタリウム投影機を車に積み、1年の半分はあちこちに出かける。こ…

  • 男は黙って……ですか?=編集委員・元村有希子

     11月19日は「国際男性デー」だった。3月8日の国際女性デーに比べて知名度は低い。そもそも、36の参加国に日本は含まれていない。男性が自身の権利や平等を主張す…

  • 人助け、してますか?=編集委員・元村有希子

     「日本人の気高さや善良さ、寛大さを代表する素晴らしい人物」。先月亡くなった緒方貞子さんを、アフガニスタンのカルザイ前大統領はこう評した。賛辞のお裾分けにあずか…

  • 家事ロボットが来る日=編集委員・元村有希子

     バラバラになった保存容器とふたを正しく組み合わせる「タッパー神経衰弱」。洗濯物が乾くよう、ハンガーの間隔に気を配る「間隔感覚」。暮らしの中の「名もなき家事」を…

  • 森林大国の担い手=編集委員・元村有希子

     千葉県で起きた停電被害の一因は倒木だった。同県在住のジャーナリスト、上垣(うえがき)喜寛さん(36)は倒木処理のその先が気がかりだ。「二度と起きないよう皆伐(…

  • もう一つの日本=編集委員・元村有希子

     パリに住むジョナサンさん(32)と、パートナーのマチルダさん(34)が仕事を辞め、リュックを背負って来日したのは3年前の秋だ。東京や京都だけでは分からない「も…

  • にぎやかな映画館=編集委員・元村有希子

     「映画館は、家業なんです」 北九州市にある「小倉昭和館」の3代目館主、樋口智巳(ともみ)さん(59)は7年前、主婦から赤字経営のこの映画館のあるじになった。 …

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  3. 大津・園児死傷事故 判決延期 弁護側、争う姿勢

  4. 「嘘ばかり。絶対許せない」 園児死傷事故、突然の判決延期に憤る家族

  5. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです