メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・アーティスト

  • エルヴィス・コステロ 困難な時こそ強さ示す

     世界中の音楽家たちが、新型コロナウイルスに試練を強いられている時代だ。それでも、日々、時間は動きを止めることはない。寝ていようと起きていようと、悲しみの淵にい…

  • 渡辺貞夫 ただ、聴衆に会いたい

     <楽庫(らっこ)> みずみずしいサクソフォンの音色だった。「ワン・フォー・ユー」の出だしの音を聴いたとき、胸に温かいものがあふれた。東京・丸の内のコットンクラ…

  • ザ・ストラッツ 奇妙な日々を打ち破れ

     <楽庫(らっこ)> 世界を覆い尽くしたコロナ禍は、アーティストの音楽表現にも大きな変化をもたらしている。象徴的にして最たる成功例とも言えるのが、テイラー・スウ…

  • 今井俊輔 私は私、自由な空へ

     <楽庫(らっこ)> 芸大を首席で卒業し、大学院、イタリア留学を経て、オペラで活躍するバリトン歌手。この経歴にイメージしやすいのはアカデミックな薫りのする歌曲集…

  • 黒田卓也 月光に闇は濃さ増す

     <楽庫(らっこ)> トランペットでジャズを聴き始めた人はピアノと並んで多い。まず、“帝王”マイルス・デイビスがトランペット奏者だということが大きい。ピアノのビ…

  • ラン・ラン 生涯の夢に浄化される

     <楽庫(らっこ)> 何度聴いても、最初の一音に心が震える。ゆったりと奏でられるピアノの音に体がふわりと浮く感覚に襲われる。中国出身のピアニスト、ラン・ランの新…

  • あいみょん 10年先を見通す作家性

     <楽庫(らっこ)> インディーズ時代の2015年の曲「おっぱい」は、思春期の女子だれもが経験するであろう、日々膨らんでゆく胸に対しての心境を赤裸々に歌ったもの…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. 大飯原発の設置許可取り消し 住民ら原告側勝訴 大阪地裁判決

  5. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです