メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・アーティスト

  • 角銅真実 最先端は優しく温かく

     <楽庫(らっこ)> 「子供の頃から言葉で話すのが不得手で、絵を描いたり、ピアノを弾いたり、言葉以外の方法で自分を表現することに熱中し、そこに救いも求めていまし…

  • ボブ・ディラン 先生に頭垂れるべし!

     <楽庫(らっこ)> ノーベル文学賞受賞(2016年)後、初となるボブ・ディランの2020年ジャパンツアーは、1978年の“奇跡の”初来日から数えて10回目。今…

  • 夏川りみ 時も国も超える何かを

     <楽庫(らっこ)> 「もし、『涙そうそう』という歌に出会わなかったら、こんなふうに知ってもらえなかったでしょうし。改めてあの歌に感謝しています」 12月8日、…

  • AI美空ひばり バーチャルの極限へ

     <楽庫(らっこ)> 永遠に去ってしまった恋しい人々に、もう一度一目でも会いたい、という心情は、世代を問わず共通であろう。もちろん、かなわぬ望みということは分か…

  • セリーヌ・ディオン 勇気で上る新たな頂上

     <楽庫(らっこ)> 音楽を聴く手段がネットに広がったことで、利便性、手軽さから流行に火がつく勢いが増したけれど、その半面で音楽が消耗品化する風潮が生まれた。そ…

  • フォールズ 時代が求めた壮大な質量

     <楽庫(らっこ)> ビートルズの通称「ホワイト・アルバム」や、ザ・フーの「トミー」、あるいはピンク・フロイドの「ザ・ウォール」。レコードはもちろんCDすら聴か…

  • ASKA 宇宙の歌になりたい

     <楽庫(らっこ)> CDが追い詰められている。特にシングルという形は不要論も聞かれ風前のともしびの感がある。そんな中で11月20日に発売になるASKAの「歌に…

  • スタイリスティックス 音楽で極める大人の聖夜

     <楽庫(らっこ)> ハロウィーンの騒ぎが落ち着いて思うに、大概の宗教儀式は、大騒ぎを伴うものである。今から60年ほど前のクリスマスを思い出すといい。やかましい…

  • マニュ・モーガン 歌のロマンに命吹き込む

     <楽庫(らっこ)> アルバムは「サン・トワ・マミー」から始まり、「セ・シ・ボン」「バラ色の人生」「愛の讃歌」などが演奏される。いずれも20世紀半ばにヒットした…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  4. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです