メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・ライブ

  • ラーキンポー 瞬間を捉えロックを生む

     <楽庫(らっこ)> 米国ジョージア州出身のミーガンとレベッカ・ロベル姉妹による「ラーキンポー」。エルビス・コステロとの初来日から3年。今回は単独公演。約90分…

  • MISIA ソウルジャズで快適な汗

     <楽庫(らっこ)> クラシックのコンサートは大概、身動きも取れず、脳ばかりグルグル動いて、どうも冷や汗をかいたような疲労感がよろしくない。スタンディングのロッ…

  • ジェイコブ・コリアー 聴衆も即興!音楽は喜び

     <楽庫(らっこ)> ジェイコブ・コリアーの登場と同時に始まったコール&レスポンス。演奏前にいきなりやるかと驚くが、これが序曲となり、観客との濃密な一体感は最後…

  • アカ・セカ・トリオ ルーツが生む濃密な自由

     <楽庫(らっこ)> 結成20周年、3年ぶりの来日公演で穏やかな成熟を印象づけたアルゼンチンの人気トリオ。地方色豊かな民謡スタイルに洗練度を加え、どこまで深く本…

  • 渡辺貞夫 サダオは音楽そのもの

     <楽庫(らっこ)> スティーブ・ガッド(ds)が言った。「サダオとは40年前から一緒にプレーしてきたが、最もすごいと思うのは、彼が昔より80歳代の今の方が演奏…

  • シーア もはや革命、生身の芸術

     <楽庫(らっこ)> 例年の比ではない豪雨に襲われた、FUJI ROCK FESTIVAL’19の2日目。それこそバケツをひっくり返したような雨に耐えながら、シ…

  • 由紀さおり 50年にして新たな潮目

     <楽庫(らっこ)> 1969年は、その前後を生きていた人間には強い印象を残した年であった。ベトナム戦争反戦運動、月面着陸、大学紛争……。時代の潮目のような年で…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 千曲川決壊、過去最大の水量による水圧 越水も重なる 台風19号

  4. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  5. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです