メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・歌謡ラボ

  • 田川寿美「楓」

     <楽庫(らっこ)> 歌のうまさはCD売り上げに直結しないと分かっていても、気になるのは人情である。「うまい中堅」の域に入り、田川寿美はヒットを飛ばしにくくなっ…

  • ゆあさみちる「私の花」

     <楽庫(らっこ)> 9月23日、185回目の「東京演歌ライブ」が東京・中野ゼロホールで開かれた。女性歌手5人が出演する中、新人は「私の花」(テイチク)で4月1…

  • 岩本公水「しぐれ舟」

     <楽庫(らっこ)> 昨年の「能取(のとろ)岬」は、岡千秋が作曲した「令和の『みだれ髪』を目指す」歌で、切なくしっとりと歌い込む作品だった。では、今年の25周年…

  • みちのく娘!「べっぴん音頭」

     <楽庫(らっこ)> 演歌は今、大きく変わりつつある。氷川きよしばかりに話題が集まるが、変革期の最前線にいる若手は少なくない。「みちのく娘!」もその注目株のひと…

  • 朝花美穂「演歌魂」

     <楽庫(らっこ)> 最近の女性演歌歌手は、ポップスも歌謡曲も器用にこなし、あえて「演歌」と冠を付けずとも通用する人たちが増えた。逆に言えば、「演歌臭」は薄くな…

  • 水森かおり「瀬戸内 小豆島」

     <楽庫(らっこ)> 「歌は引っ掛からない方がいいと思う」と水森かおり。控えめそうに聞こえるが、逆に強い意志が反映する。おおげさに強調をせずとも、飽きさせず、印…

  • 角川博「雨の香林坊」

     <楽庫(らっこ)> 8月5日発売の新曲だが、1カ月たたないうちにネット上では「歌ってみました」や歌唱指導画像が何本も投稿されている。それだけ「たくさんの人に親…

  • 新浜レオン「君を求めて」

     <楽庫(らっこ)> 1960年代、デビュー当時の「御三家」(橋幸夫、舟木一夫、西郷輝彦)の歌が「演歌」に分類されていたかというと、大いに疑問がある。70年代の…

  • 中条きよし「北の灯り」

     <楽庫(らっこ)> 昭和時代には「歌う銀幕スター」という言葉があった。裕ちゃんも勝新も健さんも皆、ヒット曲がある。テレビ時代に入って芸能人の分業が進んで激減。…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

  5. 選手村マンション オリンピック延期で無人でも夜に照明 電気代どこから?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです