メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

楽庫・歌謡ラボ

  • 小林幸子「ポーカーフェイスにさよなら」

     <楽庫(らっこ)> 小林幸子とはニュースな歌手である。よきにつけあしきにつけ、注目を集める。いや、本人にとって“あしき”はない。“先端を走り続ける”という強い…

  • 島津亜矢「凜」

     <楽庫(らっこ)> 「持ち歌のヒットが欲しい」。島津亜矢は、会うたびに、こう訴える。小学校に入る頃には、のど自慢大会で100以上の優勝を果たしていた“天才少女…

  • 朝花美穂「出世街道旅がらす」

     <楽庫(らっこ)> 最近、ポップスより演歌を好む子供が増えている。大人にこびを売って悪達者ぶりを演出するでなく、本当に「こちらの方がしっくりする」という少年少…

  • 原田悠里「萩しぐれ」

     <楽庫(らっこ)> 氷川きよしが、ビジュアルロックのスタイルでシャウトするのが、演歌ファン以外にも評判になっている。また、島津亜矢がJポップや洋楽を歌いこなす…

  • 冠二郎「さみだれ」

     <楽庫(らっこ)> 演歌は子供には歌えない、という作家や歌手は多い。清濁併せたテーマや心情の小さな変化を微妙にとらえた詞が多くて、歌唱の個性を出すのに、人生経…

  • 市川由紀乃「雪恋華」

     <楽庫(らっこ)> 歌唱力とビジュアルだけでなく、最近とみに歌手としての風格を増してきたのが市川由紀乃である。1993年にデビューし、休業を挟んで、ここ5、6…

  • マルシア「猪俣公章コレクション」

     <楽庫(らっこ)> 泥棒一家の娘と警察一家の息子との恋の行方をコミカルに追う7月スタートのドラマで、男性主人公の母親役でマルシアが出演する。 そのくらい“女優…

  • 北原ミレイ「愛は一期一会」

     <楽庫(らっこ)> 語りのような言葉の置き方と豊かな響きの声質で、比べるもののない独自の歌謡世界を構築する歌手が北原ミレイである。昭和の時代であれば、青江三奈…

  • 辰巳ゆうと「おとこの純情」

     <楽庫(らっこ)> 「日本レコード大賞」の最優秀新人賞で、1988年以降に演歌歌手が受賞したのは、マルシア、晴山さおり、唐木淳(現・黒木じゅん)、永井みゆき、…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  3. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  4. 「まじですか」グリーンランド売却拒まれトランプ氏デンマーク訪問延期

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです