メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アニマルクライシス

動物たちに忍び寄る危機を現場から報告します。

  • 脅かされる奄美・沖縄の固有種

     <くらしナビ・環境> 世界自然遺産登録を目指す「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島、沖縄県)には独自に進化した固有種が生息する。しかし外来種や…

  • ふやせニホンライチョウ

     <くらしナビ・環境> 限られた高山帯を生息域とする国の特別天然記念物ニホンライチョウは環境の変化から近年、野生下で急速に生息数を減らしている。高まる絶滅の恐れ…

  • 展示用イルカ、進む人工繁殖

     <くらしナビ・環境> 水族館の人気者イルカ。捕獲時に使われた「追い込み漁」が海外の反捕鯨団体から「残虐だ」と指摘され、日本動物園水族館協会(JAZA)はこの漁…

  • 生態解明半ば、ニホンウナギ

     <くらしナビ・環境> 日本人の食文化に根付くニホンウナギ。しかし、生態は謎だらけで、卵から成体にまで完全養殖できたのは、ほんの10年ほど前のこと。いまだに解明…

  • サクラエビ不漁、保護手探り

     <くらしナビ・環境> 国内で唯一、駿河湾で行われているサクラエビ漁で記録的な不漁が続いている。昨年は資源確保を優先して「秋漁」を取りやめた。今年の「春漁」も水…

  • カワウソ人気過熱、密輸も

     <くらしナビ・環境> 愛らしい姿のコツメカワウソ。テレビやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で人気が広がり、触れ合いを売りにする「動物カフェ」も…

  • /1 象牙販売、抜け道残る日本

     <くらしナビ・環境> 象牙を得るための密猟で、生息数を減らしているゾウ。象牙はすでに国際的な取引は原則として禁止され、多くの国で国内流通も閉鎖している。そうし…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. タイ王室「国や王室に対する破壊行為」と非難 「高貴な配偶者」の称号剥奪

  5. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです