メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いきものと生きる

侵略的外来種などの研究で知られる五箇公一さんが生き物に関するあれこれをつづります。

  • 「赤い薬」のダニに興奮=五箇公一

     以前にも書かせていただいたが、私の本当の専門はダニ学である。ダニ学者の自分が、一度は食べてみたいと願っているダニがいる。それはインターネット上の動画での偶然の…

  • ヒアリ、存在を忘れるな=五箇公一

     2017年、南米原産の毒アリ「ヒアリ」が神戸港で発見され、日本初上陸として大きなニュースになった。その後、東京、横浜、大阪などの国際港で立て続けに、ヒアリが輸…

  • カマキリの学び 今に役立つ=五箇公一

     筆者は国立環境研究所(茨城県つくば市)で外来生物のリスク管理を業務の一つとしている。最近話題の外来生物に中国からの外来カマキリ「ムネアカハラビロカマキリ」がい…

  • スリランカであたふた=五箇公一

     このコラムのタイトルは「いきものと生きる」。生物学者として生物と人間の共生をテーマに研究していることから、このタイトルを頂戴した。しかし、実際に人間が生物と共…

  • ダニに生命の神髄知る=五箇公一

     私は現在、国立環境研究所(茨城県つくば市)で生物多様性を保全するための研究をしている。私の肩書の中で、よく出てくるのが「ダニ学者」。テレビ用と思われるかもしれ…

  • 「ダニ先生」両陛下に熱弁=五箇公一

     私は、現在、国立環境研究所(茨城県つくば市)で日本の野生生物を守るための研究をしている。そんな私の肩書の中で、よく出てくるのが「ダニ先生」。実際、私の本来の専…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです