メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

私の体はテレビでできている

早稲田大演劇博物館館長を務める岡室美奈子教授が、過去や現在の、ひょっとしたら未来のドラマの世界も旅しながら、折々のことを語ります。

  • 生きてまた抱き合おう

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> 「毎年、今年の目標は『生きる!』と決めております。今年も生きま~す!」 8日放送の「あさイチ」(NHK総合)…

  • コロナ禍に響くイマジン

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> ジョン・レノンが自宅のあるダコタハウス前で凶弾に斃(たお)れたのは、ちょうど40年前の12月8日だった。 今…

  • 政権暴露ドラマの現実感

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> 大統領選挙を間近に控えた今年9月27日、あるテレビドラマがアメリカで話題となった。ドナルド・トランプ大統領に…

  • 未知の世界を切り開く

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> 結婚はもはやドラマのヒロインのゴールではない。ヒロインがさまざまな苦難を乗り越え、恋のお相手からプロポーズさ…

  • 他者を「見つける」想像力

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> TBS系金曜ドラマ「MIU404」第12話は、刑事の伊吹藍が、同僚の志摩一未の住むマンションを訪れる穏やかな…

  • 科学者たちの夢と欲望

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> 「人間はエネルギー資源を求めて戦争をする。われわれが核分裂をコントロールしてそのエネルギーを自由に使うことが…

  • ついにマスク姿のドラマも

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> ドラマの登場人物たちはなぜマスクをしないのか――。そんな疑問が巷(ちまた)では結構な話題になっている。コロナ…

  • 業界の“今”記憶し記録を

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> いきなり手前みそで恐縮だが、私が館長を務める早稲田大学演劇博物館では、コロナ禍により多くの演劇公演が中止・延…

  • 不条理から生み出す新世界

     <教授・岡室美奈子の私の体はテレビでできている> コロナ以降と以前で世界は変わる。緊急事態宣言と外出自粛で、私たちの生活様式は様変わりした。そしておそらく事態…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです