メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本明川の鳥たち

長崎県諫早市内の中心街を流れる本明川は、市民だけでなく鳥たちにとってもオアシスだ。川沿いを歩いて、出くわした野鳥を紹介する。

  • ツバメ 東南アジアから数千キロの旅 /長崎

     菜の花が咲く諫早市の本明川沿いで、忙しそうに飛び回るツバメの姿をよく見かける。巣作りの準備だ。猛スピードで飛ぶ姿をカメラに収めるのは難しく、電線に留まったとこ…

  • キジバト のどかな低い声で鳴く /長崎

     諫早市永昌東町の本明川河川敷の木の枝に、翼や背に茶色のうろこ模様があるハトが止まっていた。キジバトだ=写真。 全国の市街地から山地まで一年中見られ、「デーデー…

  • トビ 「自然界の掃除屋」の異名も /長崎

     トビが気持ちよさそうに上空を飛んでいる=写真。諫早市の本明川沿いで通年見られる光景だ。餌を見つけると、翼をすぼめてスピードを上げて降下。上昇気流をとらえて輪を…

  • ヒドリガモ 緋色の顔した冬鳥 /長崎

     頭が赤褐色で、額から頭頂にかけてクリーム色のラインがあるカモたちが諫早市仲沖町の本明川にいた=写真。日本野鳥の会県支部の寺島正彦さん(65)に聞くと、ヒドリガ…

  • ダイサギ 水辺に清々しい白 /長崎

     諫早市を流れる本明川。諫早公園近くの堰(せき)の下で、大きな白いサギが川の中をじっと見つめていた。突然、川の中にくちばしを突っ込み、器用に魚を仕留めた=写真。…

  • ヒヨドリ 蜜に夢中…顔中花粉だらけ /長崎

     「ピー、ピーヨ」。諫早市仲沖町の本明川河川敷で甲高い鳴き声がした。ヒヨドリが夢中で木の実をついばんでいる=写真。灰色のボサボサ頭に赤茶色のほお、長い尾が特徴的…

  • オオジュリン 暖冬で北上早く? /長崎

     諫早市栄田町の本明川河川敷のアシ原に、ホオジロによく似た小鳥がいた。ちょっと気になり、写真を日本野鳥の会県支部の寺島正彦さん(65)に見てもらうと、ホオジロの…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. 川口のマンションで冷凍庫から乳児の遺体発見 住人の女性らから事情聴く 埼玉県警

  3. 新年一般参賀中止を発表 昭和天皇逝去後の1990年以来 宮内庁、感染拡大懸念

  4. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

  5. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです