メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

犬が西向きゃ

大阪本社編集局の編集委員、高尾具成記者によるコラム。高尾記者は2008年から4年間、特派員としてアフリカを担当。政治暴力や超インフレに苦しむ市民の暮らしと独裁政治の非道をジンバブエから伝えたり、虐殺を乗り越えて和解を目指すルワンダの人々を取材。一連の報道は国際報道に優れたジャーナリストに贈られる「ボーン・上田記念国際記者賞」(08年度)に輝いた。

  • 原爆犠牲者への誓い=高尾具成

     人類史上初めて、原子爆弾が米国により、広島に落とされてから明日で74年になる。平和記念公園(広島市中区)から北へ約20キロ。安佐北区可部町勝木の小さな墓所は度…

  • 「悪魔の兵器」決別の旗を=高尾具成

     重たい防具を着用し、透明なプラスチック製のひさしがついたヘルメットをかぶる。前を行く作業員の足跡に、歩みを重ねるように進んでいく。暑く息苦しい。2011年7月…

  • タンナファクルー=高尾具成

     黒糖と小麦粉、卵で作る沖縄伝統の焼き菓子「タンナファクルー」をご存じだろうか。明治時代、首里で菓子商を営んでいた玉那覇二郎さんが作り始めたお菓子で、名字の「た…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 稲垣吾郎「今が一番充実してる」 目標問われ「テレビのお仕事も…」

  2. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです