メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

犬が西向きゃ

大阪本社編集局の編集委員、高尾具成記者によるコラム。高尾記者は2008年から4年間、特派員としてアフリカを担当。政治暴力や超インフレに苦しむ市民の暮らしと独裁政治の非道をジンバブエから伝えたり、虐殺を乗り越えて和解を目指すルワンダの人々を取材。一連の報道は国際報道に優れたジャーナリストに贈られる「ボーン・上田記念国際記者賞」(08年度)に輝いた。

  • ジンバブエからの声=高尾具成

     人々を笑わせ、考えさせる研究に贈られる「イグ・ノーベル賞」が9月に発表され、今年も受賞者に10兆ジンバブエドル札が記念品に贈られた。アフリカ南部ジンバブエで発…

  • コロナ禍のフクシマで=高尾具成

     逆三角形の赤いバナーが揺れている。手前には「この先帰還困難区域につき通行止め」の看板。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故の複合災禍を受けた福島県浜通りの被…

  • 時代が求める想像力=高尾具成

     将棋の藤井聡太棋聖が対局中、脇息(きょうそく)(ひじ掛け)にもたれ、顔を伏せるような仕草をしていた。相手側から見た盤面をイメージしているそうだ。局面を打開する…

  • 記憶に残る原爆の「味」=高尾具成

     75年前の8月6日、広島に原子爆弾を投下した米爆撃機「エノラ・ゲイ」は3日後の9日、長崎への原爆投下にも関わっている。第1投下目標地点だった福岡・小倉の天候観…

  • 魂を故郷へ帰した勇気=高尾具成

     米中西部ミネソタ州ミネアポリスの路上で5月25日、黒人男性のジョージ・フロイド氏が白人警官に膝で首を押さえつけられて死亡した。46歳。さして抵抗もせず、後ろ手…

  • カメレオンの匂い=高尾具成

     アフリカ大陸南端の南アフリカに赴任していた特派員時代、インド洋に浮かぶ島国マダガスカルを訪ねた。キツネザルなどの原猿類が有名で、生きものの多くが固有種だ。世界…

  • ジュゴンが消えた海は今=高尾具成

     4月下旬、タイ南部のビーチリゾート地の一つリボン島沖で、絶滅の危機にひんするジュゴンの30頭以上もの群れが確認されたという。同国の浜辺では世界最大級のウミガメ…

  • ナイチンゲールの教え=高尾具成

     新型コロナウイルスの感染拡大を受け、7都府県を対象に「緊急事態宣言」が発令された7日は「世界保健デー」だった。1948年、世界保健機関(WHO)の憲章が効力を…

  • 闇に舞うコウモリ=高尾具成

     新型コロナウイルスの自然宿主の可能性もいわれるコウモリは不可思議な存在だ。哺乳類の約4分の1にあたる約1000種にも達し、哺乳類で唯一、飛膜を使い長距離を飛べ…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 群馬県警大泉署で10人がコロナ感染 署長含む7割が自宅待機 運転免許業務停止

  4. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです