メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア文学への招待

アジアの文学作品や作家、出版状況などを随時紹介します。

  • タイ作家の哲学的紀行文 自然に憧れる自分思索

     タイのポストモダン文学を代表する作家、プラープダー・ユンさんの『新しい目の旅立ち』(福冨渉訳、ゲンロン)は、旅と思索の軌跡を記録した哲学的な紀行文だ。大都会バ…

  • 韓国ブックフェス 増える翻訳、広がる選択肢

     韓国の本や文学の魅力を体感するイベント「K―BOOKフェスティバル」(同実行委主催)が9日、東京都千代田区の出版クラブビルで開催された。日韓両国の出版社、書店…

  • 韓国の人気作家に聞く

     韓国の人気女性作家、キム・エランさんとピョン・ヘヨンさんが、最新邦訳の刊行に合わせ続けて来日。作品に込めた思いを聞いた。【棚部秀行、写真も】 ◇「喪失」に向き…

  • 邦訳で共感集める韓国作品

     現在、11の出版社が合同で「韓国文学フェア」を開催している。全国100以上の書店が順次参加し、今回で2回目。近年、大手を含む出版社の韓国文学邦訳への参入の動き…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宅八郎さん死去 57歳 「おたく評論家」の肩書でテレビ番組出演

  2. 「へずまりゅうの弟子」名乗るユーチューバー逮捕 山口の墓地で卒塔婆振り回した疑い

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  4. 会見後に予定入れたのは「打ち切り」のため? 原稿棒読みの場面も多く 菅首相

  5. 菅首相、初論戦は「逃げ」全集中 9月の約束「丁寧な説明」はどこへ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです