メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ポケモンGOの衝撃 日本配信から3年

位置情報を利用したスマホゲーム「ポケモンGO」の日本配信から7月22日で3年。日本中に大ブームを巻き起こしたこのゲームによって新しい人間関係が生まれたり、大きな経済効果が生まれたりする一方で、「ながらスマホ」による死亡事故など深刻な問題も引き起こした。従来のゲームのイメージを塗り替え、社会に衝撃を与えた「歩くエンターテインメント」の今と未来を見つめる。 (トップ写真©2016–2019 Niantic, Inc. ©2016–2019 Pokémon. ©1995–2019 Nintendo /Creatures Inc. / GAME FREAK inc.)

  • 第1回 出会いと幸せ ゲットだぜ

     結婚するカップルが減り続けている。原因は人口減だけではない。国立社会保障・人口問題研究所の調査では、大半の夫婦は職場や学校、友人を通じて出会っているが、その機…

  • 第4回 「ながらスマホ」の悲劇 繰り返すな

     運転中にスマートフォンに気を取られ、事故を起こすドライバーが後を絶たない。いわゆる「ながらスマホ」だ。警察庁によると昨年、加害者がスマホやカーナビを見ていたこ…

  • 最終回 次は「ポケ眠」 生活に溶け込む未来

     「まったく想像を絶するものでした」――。ゲーム史に詳しい評論家の中川大地さん(44)はポケモンGOが世界中で大ヒットした衝撃をそう表現する。配信開始からわずか…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです