メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

性と感染症

性行為によってウイルスや細菌などに感染する「性感染症」。感染に気づかずに放っておくと、病気が進行して重大な合併症や不妊を引き起こしかねない。治療をしないと、パートナーにうつし、うつされることも。そこで、「性と感染症」を巡る最新事情を紹介する。

  • /4止 心と体、10代の予防教育

     <くらしナビ 医療・健康> 性感染症の予防に大切なのは、性への関心が高まる小中高校生への教育だ。人の心と体の発達を正しく認識し、性感染症や人工妊娠中絶について…

  • /3 クラミジア、不妊の恐れ

     <くらしナビ 医療・健康> 性感染症の中で最も患者が多いのが「性器クラミジア感染症」だ。若い世代に特に多い性器クラミジア感染症は症状が出ないことが多く、感染に…

  • /2 先天梅毒、胎児に命の危険

     <くらしナビ 医療・健康> 流行が止まらない性感染症の梅毒。患者報告数は昨年ついに7000件を超えた。中でも女性患者が急増し、20代が中心となっている。妊婦か…

  • /1 偽装する梅毒、後遺症も

     <くらしナビ 医療・健康> 性行為によってウイルスや細菌などに感染する「性感染症」。感染に気づかずに放っておくと、病気が進行して重大な合併症や不妊を引き起こし…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  2. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 総額数億円?選手1人の不正だけで、なぜ高額配当連発 競艇八百長事件の仕組みを探る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです