メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

京都・読書之森

  • 科学者の社会的責任を問う /京都

     <活字を楽しむ> (荻野晃也著 緑風出版、2500円(税抜き)) 原発の危険性を半世紀にわたり訴え続けた反骨の万年助手が京都大にいた。この年6月に80歳で亡く…

  • 京都の美術、250年の夢 /京都

     <活字を楽しむ> (京都市美術館編 光村推古書院 第1・2部2530円、第3部1980円) 京都市京セラ美術館(京都市美術館)で12月6日まで開催中の展覧会「…

  • 満月珈琲店 /京都

     <活字を楽しむ> (望月麻衣文 桜田千尋作・絵KADOKAWA、1400円(税抜き)) 疲れた時、落ち込んだ時、いらつく時などは、チョコレートの一かけら、京あ…

  • 聖書を読んだサムライたち /京都

     <活字を楽しむ> (守部喜雄著 いのちのことば社、1200円(税抜き)) 司馬遼太郎の「竜馬がゆく」は学生時代に読んだ思い出の書だ。その後、いろんな局面で「龍…

  • 京都「地理・地名・地図」の謎 /京都

     <活字を楽しむ> (森谷尅久著 実業之日本社、762円(税抜き)) 「地図で見ると、左京区のほうが右側にあるんだね」「この前、清水寺に行ったとき、蝦夷(えみし…

  • オペレーションZ /京都

     <活字を楽しむ>(真山仁・著 新潮文庫、950円 税抜き) 「これは、非常識で野蛮な革命だ」 本書は同志社大出身の作家で「ハゲタカ」シリーズなどで知られる真山…

  • 戦争孤児たちの戦後史1 総論編 /京都

     <活字を楽しむ> (浅井春夫・川満彰編 吉川弘文館、2420円) 「二〇二〇年を『戦争孤児問題』研究元年に」。8月1日に出版された本著は、巻頭で力強く表明して…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アフガン撤収7年 豪軍39人殺害、徹底捜査 政府、独立機関を設置

  2. 新型コロナ PCR検査拒否に罰則 都民フ、条例案提出へ

  3. プロ野球 日本シリーズ ソフトバンク4-0巨人(その2止) 巨人、暗雲の無限列車 13年第7戦から8連敗

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです