メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

濃い味、うす味、街のあじ。

  • 道明寺に呼ばれ、絶品カレー

     近鉄南大阪線道明寺駅(大阪府藤井寺市)は道明寺や道明寺天満宮の最寄り駅だが、昨年7月に世界遺産登録された古市古墳群の玄関口の一つでもある。 道明寺天神通り商店…

  • 堺の北端に魅力ともして

     大阪市内からチン電(阪堺電車)で、大和川の鉄橋を渡ってすぐの「大和川停留場」。雨よけが申し訳程度に付いたホームから土手を5分ほど下った、飲食店などまるでなさそ…

  • 大改装 さらに阿倍野密着

     シャッターが並ぶ間にかろうじて開店している商店。そんな状況の「阿倍野王子商店街」にあって、ひときわ盛況の飲食店が「KITCHENまるしん」だ。店主の大西亜季さ…

  • 神戸香る 銘茶とコーヒー

     1868年の開港で、外国に開かれた神戸。 「コーヒーも映画もはじめは港からやってきた」 この広告コピーは、2017年の「神戸開港150年記念事業」のスローガン…

  • こだわり包み、京都で再起動

     このコロナ禍のまっただなかに、神戸から京都へ店を移し替えた餃子店の話。 兵庫県に緊急事態宣言が出るちょっと前、3月末に神戸の店を閉店した。京都の四条に移転する…

  • 地ソース染みる、外出自粛

     知り合いのライター・Y氏が、関西でお好み焼き屋の焼きそばや、串カツに使うウスター系ソースについて、東京の編集者とやりとりしていて「あかん。まったくわかってない…

  • 旬を厳選、町家の青果店

     チンチン電車の帝塚山四丁目駅(大阪市住吉区)から東へ、あべの筋に出るところにあるおしゃれな町家。「高級いも豆専門店」と端正な和書体で染められた白いのれんが目を…

  • 神戸愛もテークアウト

     街やお店のことを書いたり編集したりすることが多い仕事柄、友人に板前さんやシェフといった料理人、あるいは飲食店の経営者が多いが、「あのお店、再開しないらしい」な…

  • 食材と元気、市場で調達

     カーブに沿ったホームに電車が傾いて止まる阪神杭瀬駅からすぐ。国道2号から始まり北へ延びる杭瀬市場(兵庫県尼崎市)。シャッターが目立つ「元市場的空間」だが、「中…

  • 船場でがっつり「ダブダブ」

     大阪の船場、とりわけ淀屋橋から肥後橋界隈(かいわい)の男子サラリーマンに「ハマヤのダブダブ」といえば、「あれなぁ」とわかる人が多い。 しっかり味付けされた鉄板…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. わずか2人の炭鉱の町、歴史きざむ金物店 繁栄、戦争の「生き証人」 北海道三笠

  2. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  3. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです