メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

銃と政治 進まぬ規制の背景

国民の数と並ぶほどの銃(約3億丁)が出回る米国。悲惨な乱射事件が起きるたび銃規制の機運が高まるが、改革は進まない。武器保有の権利を認めた憲法修正2条と、強大な政治力を持つ全米ライフル協会(NRA)。規制を阻むこの2大要因を巡る深層を探る。

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 14歳長女「勇気振り絞りここに」 父がパワハラ自殺「水道局は反省を」 新潟で集会

  2. ソフトバンク本拠地が「ペイペイドーム」に看板掛け替え

  3. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  4. 藤田医科大岡崎医療センター クルーズ船陽性受け入れ 開院前で感染不安なく

  5. 北海道、新型コロナ感染者の国籍・職業公表へ 情報原則公開方針転換

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです