メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

最長政権

安倍政権は2019年11月19日に歴代最長に並ぶ。安倍政権の第2次発足以降の7年間を検証しつつ、今後を展望する。

  • /5止 「功労者」は多弱野党

     2017年9月の衆院解散を、安倍晋三首相は後に「勝機はなかった。賭けだった」と振り返る。 首相の妻昭恵氏や首相の親友の学校法人理事長の関与が焦点になった森友・…

  • /4 正念場の領土、拉致

     今月4日にタイで開かれた、東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国と日中米露などの首脳らによる東アジアサミット(EAS)。会議は長時間にわたり、場内には雑談や打…

  • /3 官邸主導、副作用も

     1日、萩生田光一文部科学相は、2020年度実施予定の大学入学共通テストでの英語の民間試験活用見直しを表明し、「私が判断した」と強調した。だが、これこそ安倍政権…

  • /2 勢い失った「現実路線」

     東京・渋谷駅直結の高層ビル「渋谷スクランブルスクエア」の開業を目前にした10月30日、ビル45階で開かれた祝賀会で、来賓の安倍晋三首相は眼下に広がる高層ビル群…

  • /1(その1) 「4選はしません」

     10月30日夕、首相官邸の執務室で、ジャーナリストの田原総一朗氏が安倍晋三首相に、こう忠告した。「総裁4選なんてしたら自民党はガタガタになる。駄目ですよ」。首…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石川県知事、外出自粛の東京都民に観光アピール 地元は困惑

  2. NHK、大河と朝ドラの収録を一時休止 撮影現場で安全対策限界

  3. 特集ワイド 政府・与野党連絡協議会の次は 国難コロナで大連立機運? 対応専念で一時休戦/森友など覆い隠される

  4. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  5. 例外いろいろ「屋内禁煙」 罰則も効き目は未知数 改正健康増進法全面施行

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです