メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンガリー・闘士の「変節」

ハンガリーのオルバン首相は2010年以降、周辺国に住むハンガリー系住民への支援を強化している。オルバン氏は何をしようとしているのだろうか。

  • /6止 「分裂」EU、制御できず

     「(ハンガリーの『法の支配』のあり方を批判する欧州連合=EU=に対し)我々の名誉に傷をつけようとする前に、よく考え直した方がいい」=ハンガリー・オルバン首相(…

  • /5 西欧寄り研究、制限も

     「我々はこれまでも、オーストリア(帝国)やソ連に独裁を許してこなかった。(欧州連合=EU=本部がある)ブリュッセルの独裁を許すことはない」=ハンガリー・オルバ…

  • /4 政府、メディア支配加速

     「インターネットを見れば、報道の自由があることはすぐ分かる。ハンガリーの民主主義に問題があるという批判を私は信じない」=ハンガリー・オルバン首相。2015年、…

  • /3 深まる露との「蜜月」

     「国を成功させるのはおそらく民主主義ではない。成功者はシンガポール、中国、ロシアなどだからだ」=ハンガリー・オルバン首相(2014年、ルーマニアでのイベントで…

  • /2 EU資金、政権の「裏金」

     「我々は国家の主権を強めなくてはならない。欧州は我々のよりよい未来を約束してくれないのだから」=ハンガリー・オルバン首相(2015年、ハンガリーメディアのイン…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  3. イオン、就業時間中は全面禁煙に 従業員45万人対象 「卒煙」支援も

  4. ORICON NEWS ジャングルポケット・斉藤慎二、新型コロナ感染 相方おたけ&太田博久は陰性

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです