メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模原殺傷公判

2016年、相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」に元同園職員の植松聖被告が侵入し、45人を次々に襲撃した「相模原殺傷事件」。公判では、当時の責任能力の有無と程度を巡って検察側と弁護側がそれぞれの主張をすることになる。

連載

相模原事件を考える~公判を前に

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  2. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

  4. 高級車 ジャガー、ベンツ、レクサス「売らない店」の理由

  5. 株価バブルは崩壊間近

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです