メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模原殺傷公判

2016年、相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」に元同園職員の植松聖被告が侵入し、45人を次々に襲撃した「相模原殺傷事件」。公判では、当時の責任能力の有無と程度を巡って検察側と弁護側がそれぞれの主張をすることになる。

連載

相模原事件を考える~公判を前に

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  3. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  4. 佐々木国交政務官「国のせいにしないで」 新型コロナ拡大巡るツイートに批判の声

  5. 厚労省支援金、AVはOKでもストリッパーはNG? 女優「みんながもらえるようにして」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです