メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

相模原殺傷公判

2016年、相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」に元同園職員の植松聖被告が侵入し、45人を次々に襲撃した「相模原殺傷事件」。公判では、当時の責任能力の有無と程度を巡って検察側と弁護側がそれぞれの主張をすることになる。

連載

相模原事件を考える~公判を前に

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋市、幼稚園も休みに 河村市長が方針 卒業式も中止

  2. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  3. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  4. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  5. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです