メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫リズム

九州在住の猫写真家・久方広之さんが猫たちの躍動感あふれる瞬間を紹介します。

  • サビ猫ヤンキー=猫写真家・久方広之

     荒々しい表情でこちらをにらみつけ、まるでオラつくヤンキーのようなサビ猫。威嚇しているわけではなく、猫じゃらしで遊びながら撮影している中の一瞬だ。猫じゃらしを追…

  • 友よ 青春を楽しもう=猫写真家・久方広之

     朝焼けの海辺でハイタッチを交わす2匹の猫。幼いころからこの地で一緒に育った。シルエットで分かりづらければ申し訳ないが、サビ猫と三毛猫で両方メスである。 猫と遊…

  • 長毛猫の長老感=猫写真家・久方広之

     長毛茶トラ猫の決めるポーズはまさに老練なるカンフーマスターであろう。 この島では長毛は珍しいが、このエリアだけ時おり長毛の猫が現れる。代々少し気難しい性格であ…

  • 構えの極意=猫写真家・久方広之

     片足立ちで、見事な構えを決めるキジシロ猫。私が最も重視しているこの「構え」の撮影はその猫の個性が最も体現される。猫じゃらしで遊びながら撮影しているとその猫が得…

  • カメラに向かってイェイ!=猫写真家・久方広之

     カメラに向けてアピールするかのように楽しげにポーズを決める茶トラ猫。島では最若手のニューフェースだ。世話人の方いわく、このエリアの生まれではない流れ者だが、ほ…

  • 神社に奉納「ねこ神楽」=猫写真家・久方広之

     鳥居の前で神楽のように踊る猫たち。八百万(やおよろず)の神に感謝の意を込めているのかは分からないが、なかなか絵になっていると思う。 現在では離島での撮影が活動…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 西武、異例の8人リレーで最少失点 二回にリリーフの中塚「正直びっくり」

  3. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです