メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

猫リズム

九州在住の猫写真家・久方広之さんが猫たちの躍動感あふれる瞬間を紹介します。

  • またいつか「猫リズム」を=猫写真家・久方広之

     夕日に手を振る黒猫。2017年の撮影だが猫のポーズと美しい夕日が相まってどこか哀愁も漂う、お気に入りの1枚だ。 まさか自分が連載を持てるとは思っていなかった。…

  • サビ猫ヤンキー=猫写真家・久方広之

     荒々しい表情でこちらをにらみつけ、まるでオラつくヤンキーのようなサビ猫。威嚇しているわけではなく、猫じゃらしで遊びながら撮影している中の一瞬だ。猫じゃらしを追…

  • 友よ 青春を楽しもう=猫写真家・久方広之

     朝焼けの海辺でハイタッチを交わす2匹の猫。幼いころからこの地で一緒に育った。シルエットで分かりづらければ申し訳ないが、サビ猫と三毛猫で両方メスである。 猫と遊…

  • 長毛猫の長老感=猫写真家・久方広之

     長毛茶トラ猫の決めるポーズはまさに老練なるカンフーマスターであろう。 この島では長毛は珍しいが、このエリアだけ時おり長毛の猫が現れる。代々少し気難しい性格であ…

  • 構えの極意=猫写真家・久方広之

     片足立ちで、見事な構えを決めるキジシロ猫。私が最も重視しているこの「構え」の撮影はその猫の個性が最も体現される。猫じゃらしで遊びながら撮影しているとその猫が得…

  • カメラに向かってイェイ!=猫写真家・久方広之

     カメラに向けてアピールするかのように楽しげにポーズを決める茶トラ猫。島では最若手のニューフェースだ。世話人の方いわく、このエリアの生まれではない流れ者だが、ほ…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. ORICON NEWS “カメラマン”深川麻衣「意識したのは声の掛け方」 メイキング写真が解禁

  3. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  4. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです