メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

講談師・鱗林のぐるぐるりんりん

  • 名古屋味噌物語 三河武士の元気の源 /愛知

     「人生最後の日、何を食べたいですか?」と聞かれ、「きまっとるがね! 味噌(みそ)煮込みうどん」と答えた私。「さすが名古屋っ子ですね~」と感心されました。が、3…

  • 名古屋城築城物語 戦いのない世、象徴 /愛知

     きっかけは寄席の常連のお客様。名古屋城のボランティアガイドをなさっている女性が「聞いてよ、りんりんちゃん。名古屋城の築城は誰が命じたのかを地元の人に聞いても、…

  • 加藤民吉物語 磁器の祖、祭りで感謝 /愛知

     将棋の藤井聡太2冠誕生で盛り上がる地元、愛知の瀬戸のまちは本来であれば9月、「せともの祭」でどえらいにぎわうはずでございますが……今年は新型コロナウイルスの影…

  • 怪談・化け猫伝説 岡崎城舞台に愛憎劇 /愛知

     夏本番、本日は怪談でミャ~りましょう! 此度(こたび)はこの地にまつわる“化け猫”についてです。舞台は愛知県岡崎市。「なぜ岡崎?」とくるかもしれませんが、日本…

  • 藤井聡太物語 快進撃で地元キラキラ /愛知

     「藤井聡太棋聖おめでとうございま~~~す‼」。愛知県瀬戸市で16日、くす玉が割れました。新棋聖の地元が待ち望んだ初タイトル。「最年少記録が30年ぶりに更新され…

  • 佐屋川の合戦 藤吉郎の一番乗り /愛知

     講釈師見てきたようなうそをつき――昔っからよく使われる言葉です。何百年も前の話だろうが、作り話であろうが、見てきたように堂々と語る。うそ偽りのない本当の話のよ…

  • 芸どころ名古屋 演芸場応援してちょ /愛知

     皆さま、「芸どころ名古屋」という言葉をご存じでございましょう。 しか~ししかし、一体何が芸どころ名古屋なのか。文化は東に西に。有名なアーティストが東京、大阪で…

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」「鬼滅」の年賀はがきに注文殺到 日本郵便の販売サイト、つながりにくく

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 高相容疑者、覚醒剤使用の疑いで逮捕 酒井法子さんの元夫 警視庁

  4. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです