メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

“松井5敬遠”28年後の馬淵×林対談

1992年8月16日、第74回全国高校野球選手権大会2回戦、明徳義塾(高知)が星稜(石川)の4番・松井秀喜(元米ヤンキース)に一度もバットを振らせないまま勝利し、物議を醸した。高校野球史に、今も引き継がれる記憶。「5打席連続敬遠」だ。あれから28年。当時から指揮を執る明徳義塾・馬淵史郎監督(64)と2年生遊撃手としてこの試合に出場した星稜・林和成監督(44)が対談で明かした真相は――。

毎日新聞のアカウント

8月10日の試合

話題の記事

関連サイト