メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者・清六の戦争

太平洋戦争末期、激戦地だったフィリピン山中の洞窟で、ガリ版刷りの新聞「神州毎日」が発行されていました。取材を担ったのは毎日新聞記者だった伊藤清六。東北の農村に生まれ「格差のない社会を」と農政記者を志した清六は戦場で何を伝えたのか。戦後75年の夏、偶然同じ職業に就いた親族の40代記者がその生涯を追い、「戦争と報道」の現実に迫ります。

連載

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです