石川将来

石川将来

2014年入社。広島支局、北陸総局を経て2019年5月から大阪社会部。府庁を担当し、大阪都構想などを取材。入社5カ月目の2014年8月に発生した広島土砂災害をはじめ、熊本地震や西日本豪雨などの現場を取材した経験から、災害の記憶の継承が取材テーマの一つに。北陸総局時代には、石川県ゆかりの著名人の墓を訪ね歩くルポルタージュ「墓マイラー見聞録」を連載した。

新着記事

もっと見る

あわせて読みたい

注目の特集