斎藤有香

斎藤有香

2007年入社。千葉支局、東京社会部を経て12年から東京科学環境部。これまで理学、宇宙、天文、環境問題、原子力関連の取材に携わる。18年4月から約1年間、日本の研究力衰退の現状と背景を取材した科学面の長期連載「幻の科学技術立国」に取材班の一員として参加。連載をまとめた共著「誰が科学を殺すのか 科学技術立国『崩壊』の衝撃」(毎日新聞出版)が20年の科学ジャーナリスト賞に選ばれた。

あわせて読みたい

ニュース特集