高尾具成

高尾具成

1991年入社、広島支局で原爆被爆者らの戦後課題、神戸支局で阪神大震災の被災者取材などを担当。大阪社会部を経て2008年~12年、南アフリカ・ヨハネスブルク特派員(アフリカ大陸担当)。帰国後、東日本大震災被災地の三陸支局(岩手)などに勤務。19年から大阪編集局編集委員。20年から専門記者に。1995年の阪神大震災をはじめ新潟県中越地震、スマトラ地震・インド洋大津波、東日本大震災、西日本豪雨、熊本地震など自然災害の被災現場やアフリカの紛争現場などを取材してきた。2008年度「ボーン・上田記念国際記者賞」を受賞。著書に「特派員ルポ サンダルで歩いたアフリカ大陸」(岩波書店)、「黄色いハンカチは揺れている 3・11三陸ノート/五年の伝言」(ビレッジプレス)など。1967年、静岡県生まれ。

新着記事

もっと見る

あわせて読みたい

注目の特集