メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
音楽徒然草

没後10年 レナータ・テバルディをしのぶ

 コンサートが目白押しの年末年始。残念ながら会場に足を運ぶことが出来ずにいて悔しい思いをしている。そこで中継放送を録画してお茶の間で楽しんでいるが、素人ながらいつも思うのが海外と日本のオペラ歌手の声量の違いだ。

 誰とは言わない。日本の歌手もきれいな声で、巧みに歌う。しかしながら、ドーンとこちらの胸に響いてこないのだ。失礼なことを書いているのは重々承知だが、欧米歌劇場の来日公演を観劇する度、そう痛感する。映像でオペラを見ても、歴史に名を残す名歌手の声は圧倒的。体のつくりが違うからこればかりは致し方がないのだろうか。

 昨年12月19日、レナータ・テバルディが亡くなってちょうど10年を迎えた。ご存じ、イタリアのソプラ…

この記事は有料記事です。

残り1067文字(全文1376文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです