メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

今から150年前

 ドレスデン州立歌劇場管弦楽団の来日公演を2月23、24の両日、東京・サントリーホールで聴いた。2012/13年シーズンから首席指揮者に就任したクリスティアン・ティーレマンとの相性に磨きがかかってきたようで、とてもぜいたくな時間を過ごさせてもらった。

 ブルックナーの交響曲第9番(24日)も聴き応えがあったが、魅了されたのは23日の交響詩「英雄の生涯」と24日の「メタモルフォーゼン(変容)」という、いずれもリヒャルト・シュトラウス作品。01年からバイロイト音楽祭管弦楽団のコンサートマスターも務めるマティアス・ヴォロングの腕がさえわたり、ティーレマンもハグしてたたえたほど。ワーグナーを得意とするティーレマンだが、どっこいリヒャルト・シュトラウスへの愛情も強く感じさせた。

 この興奮はまた機会を改めて書くが、今回はこの話題。2015年はデンマーク出身のカール・ニールセンと…

この記事は有料記事です。

残り1085文字(全文1472文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 治安 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 大坂なおみ選手「次は私に話してほしい」 日清アニメPR動画削除

  3. 佳子さまオーストリア訪問 大統領を表敬

  4. 余録 「古着屋が袖口で知る左きき」…

  5. リツイートは「賛同」? 橋下氏・岩上氏の訴訟 指先一つで名誉毀損に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです