メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

今から150年前

 ドレスデン州立歌劇場管弦楽団の来日公演を2月23、24の両日、東京・サントリーホールで聴いた。2012/13年シーズンから首席指揮者に就任したクリスティアン・ティーレマンとの相性に磨きがかかってきたようで、とてもぜいたくな時間を過ごさせてもらった。

 ブルックナーの交響曲第9番(24日)も聴き応えがあったが、魅了されたのは23日の交響詩「英雄の生涯」と24日の「メタモルフォーゼン(変容)」という、いずれもリヒャルト・シュトラウス作品。01年からバイロイト音楽祭管弦楽団のコンサートマスターも務めるマティアス・ヴォロングの腕がさえわたり、ティーレマンもハグしてたたえたほど。ワーグナーを得意とするティーレマンだが、どっこいリヒャルト・シュトラウスへの愛情も強く感じさせた。

 この興奮はまた機会を改めて書くが、今回はこの話題。2015年はデンマーク出身のカール・ニールセンとフィンランド出身のジャン・シベリウスの生誕150年だ。北欧を代表する作曲家で、ともに肖像がお国の紙幣にもなったことがある偉人。世界中に多くのファンを持つ。

この記事は有料記事です。

残り1008文字(全文1472文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです