メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トピックス2015

小澤征爾さん(指揮者) 病を克服、新たな一歩

=竹内幹撮影

松本のフェスティバルに自身の名

 指揮者の小澤征爾さん(79)の音楽が、病から立ち直った後、深い優しさに満ちている。小澤塾によってこのほど上演されたラベルのオペラ「子供と魔法」で、小澤さんは音をいとおしみ、演奏する若手を慈しむようだった。小澤さんが主催して23年続いた長野県松本市の「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」は、今夏から「セイジ・オザワ松本フェスティバル」に名前を変える(8月9日〜9月15日)。新しい一歩を踏み出す小澤さんに聞いた。

 「負け惜しみに聞こえるかもしれないけれど、病気して良かった。家族と一緒の時間ができたし、スコア(総…

この記事は有料記事です。

残り745文字(全文1018文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

  4. 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです