メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

吉永小百合 福島への思い

 2月24日の東京・サントリーホール。クリスティアン・ティーレマン指揮、ドレスデン州立歌劇場管弦楽団のコンサートに足を運ぶと、思わぬ人に出くわした。女優の吉永小百合だ。ブルックナーの交響曲第9番がメーンのプログラム。ティーレマンのタクトを堪能したようで、満足そうな表情で会場を後にする姿が印象的だった。

 それから2週間後の3月10日、その吉永が東京・千駄ヶ谷の津田ホールのステージに立っていた。「祈るように語り続けたい 第二楽章 福島への思い」と題した朗読会。東日本大震災から4年となる節目に、東京電力福島第1原発事故で避難生活を余儀なくされている人々の詩を心を込めて読み上げ、満員の会場からはすすり泣きの声も漏れた。吉永たっての希望で、尺八奏者の藤原道山や箏(そう)の遠藤千晶が伴奏を務め、包み込むよ…

この記事は有料記事です。

残り861文字(全文1212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  2. 視聴室 世界を変えた女の子

  3. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 卓球 全日本選手権 石川、涙の逆転日本一

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです