メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
音楽徒然草

ハイティンクとコンセルトヘボウ

 NHK音楽祭2015が開催中だ。13回目の今年は「極上のオーケストラ・サウンド−−真価を発揮する指揮者たち−−」と銘打ち、名門オケから芳醇(ほうじゅん)なサウンドを引き出す凄腕(すごうで)シェフが注目を集めている。

 10月1日にはオランダ出身の巨匠ベルナルト・ハイティンクの指揮でロンドン交響楽団が魅了した。パーセル(スタッキー編曲)《メアリー女王のための葬送音楽》、ベートーヴェンのピアノ協奏曲第4番ト長調作品58、そしてブラームスの交響曲第1番ハ短調作品68というプログラムでNHKホールを埋めた満員の聴衆を酔わせた。

 1929年3月4日生まれの86歳。能や狂言師を思わせる静かで美しい登場の仕方に、まず目を奪われた。…

この記事は有料記事です。

残り1181文字(全文1493文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  2. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. YOSHIKIさん謝罪 ジャッキー・チェンさんとの会食、ツイッターで公表後に 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです