メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

「題名」5代目五嶋龍 いまや立派な好青年

握手を交わす五嶋龍(左)と佐渡裕=東京都新宿区で2015年7月30日、須藤唯哉撮影

 1964年の放送開始から半世紀を超える長寿音楽番組「題名のない音楽会」(テレビ朝日)の司会者が、指揮者の佐渡裕(54)からバイオリニストの五嶋龍(27)に代わった。佐渡が9月からウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団の首席指揮者(音楽監督)に就任したのを受けてのバトンタッチ。歴代最年少の5代目だ。

 五嶋といえば、96年から2005年まで10年間の成長を記録したフジテレビの「五嶋龍のオデッセイ」が忘れられないが、いまや立派な好青年。10月4日の放送からお茶の間に登場し、番組にさわやかな風を吹かせている。

 第3週は「宇宙旅行」がテーマ。12月18日に「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「エピソード7 フォ…

この記事は有料記事です。

残り1002文字(全文1306文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです