メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トピックス2015

口笛奏者 加藤万里奈さん「ほめられて伸び」ティーン世界一

ティーン世界一の口笛奏者、加藤万里奈さん

 すぼめた口から繊細で、澄み切った音が流れる。ティーン世界一の口笛奏者、加藤万里奈さん(16)が、水戸市から「みとの魅力宣伝部長」に任命された。

 口笛を始めたのは2012年9月、中学2年のころ。テレビ番組に出演する口笛奏者をまねて、同級生の前で披露したところ好評だった。本人いわく「ほめられたら伸びるタイプ」。友人の前で吹いていくうちに、上達していった。

 それまで、家で口笛を吹くことは禁止だった。「幽霊が寄ってくるから」と言う母の弓子さんの言いつけを守り「一度も吹いたことがなかった」と話す。家の「禁忌」を破ったのはその年の暮れ。上達した口笛の演奏を「どうしても母に聴いてもらいたい」と思い、英国の歌手サラ・ブライトマンの「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」を披露した。弓子さんは「一瞬でとりこになった」と当時の感動を思い出す。インターネットで世界一の口笛…

この記事は有料記事です。

残り571文字(全文948文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「第3波ど真ん中の法改正は危険」 関谷直也・東京大大学院情報学環准教授

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです