メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トピックス2015

第84回日本音楽コンクール講評 花開く若き才能

増沢賞に選ばれたバイオリン部門1位の小川恭子さん=竹内紀臣撮影

 第84回日本音楽コンクール(主催=毎日新聞社・NHK、特別協賛=三井物産、協賛=岩谷産業、協力=東京オペラシティコンサートホール・トッパンホール)が8月20日から10月27日まで2カ月余にわたって開かれ、若き才能が輝いた。今回はクラリネット、声楽(オペラ・アリア)、ピアノ、バイオリン、作曲(室内楽曲)、トランペットの6部門(本選開催順)。クラリネットと作曲の2部門で2人が栄冠を分け合い、計8人の「1位」を送り出す結果となった。各部門の審査幹事による講評と、本選の採点表を公表する。いずれも審査員が25点満点で採点し、最高点と最低点を1件ずつ除いた合計点で順位を付けた。声楽と作曲を除く4部門は、最終予選での得点の60%が加算された。(敬称略、同位は演奏順)

この記事は有料記事です。

残り2792文字(全文3123文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 見る探る 赤旗はなぜ桜を見る会をスクープできたのか 見逃し続けた自戒を込めて、編集長に聞いてみた

  2. 広島の山林遺体 男女3人を強殺容疑で再逮捕へ 金銭トラブルか 大阪府警

  3. 「桜」前夜祭 安倍氏周辺、補塡認める 「前首相には伝えず」 収支報告不記載

  4. 新型コロナ 「GoTo」 札幌・大阪市へ3週間停止 政府、解約料肩代わり

  5. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです