メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

ウィーン・フィル「ニューイヤー」 年の初めのサプライズ

 元日恒例のウィーン・フィル「ニューイヤーコンサート」をテレビ桟敷で観賞した。今月14日に73歳になるラトビア出身の巨匠マリス・ヤンソンスの優雅で貫録十分の指揮ぶりに酔いしれるとともに、ウィーン少年合唱団の登場もあって見応え十分の演奏会だった。 

 シュトルツの《国連行進曲》やエドゥアルド・シュトラウスのポルカ《羽目をはずして》など8曲が初めて取り上げられた。ウィーン少年合唱団はそのうちの1曲でヨハン・シュトラウスⅡ世のフランス風ポルカ《歌い手の喜び》を澄みきった声で披露した。 

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1156文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  3. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  4. 「群馬大医学部不合格は55歳の年齢」横浜68歳女性、公明正大な入試訴え
  5. 渋谷ハロウィーン逮捕、決め手は防犯カメラ捜査

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです