メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

ウィーン・フィル「ニューイヤー」 年の初めのサプライズ

 元日恒例のウィーン・フィル「ニューイヤーコンサート」をテレビ桟敷で観賞した。今月14日に73歳になるラトビア出身の巨匠マリス・ヤンソンスの優雅で貫録十分の指揮ぶりに酔いしれるとともに、ウィーン少年合唱団の登場もあって見応え十分の演奏会だった。 

 シュトルツの《国連行進曲》やエドゥアルド・シュトラウスのポルカ《羽目をはずして》など8曲が初めて取り上げられた。ウィーン少年合唱団はそのうちの1曲でヨハン・シュトラウスⅡ世のフランス風ポルカ《歌い手の喜び》を澄みきった声で披露した。 

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1156文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 参院新人議員に聞く 改憲の旗ふった安倍首相側近を落選させた

  3. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 英議会風刺のバンクシー画競売へ 議員の代わりにチンパンジー、EU離脱の混迷で注目

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです