メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まいにちクラシック

カラヤン&ベルリン・フィル狂騒曲 1966年1~3月の紙面から

ベルリン・フィルを率いて来日したカラヤンとエリーテ夫人。夫人はファッションモデルだっただけあって、ヘアスタイル、ドレス、身のこなしは心にくいばかりだ=1966年4月

 1966(昭和41)年4、5月のカラヤン&ベルリン・フィル来日公演は、クラシック・ファンの関心事にとどまらず、社会現象としても注目を浴びる一大事となりました。商機とばかりにレコード各社は売り上げを競い、前売券発売には2600人の徹夜組がでるほどの熱狂ぶり。当時のクラシック音楽をめぐる記事と合わせ、2回に分けて“1966カラヤン狂騒曲”を紹介します。

この記事は有料記事です。

残り6221文字(全文6397文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです