メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ニュース&トピックス

オペラ「夕鶴」でヒロイン 魂に届く歌、歌いたい

「私は不器用だけど、人の倍努力をすればいいと思ってこれまで続けてきました」と語る佐藤しのぶ=梅田麻衣子撮影

 「魂に届く歌を歌いたい。それがオペラの本質だから」。3月に大阪・フェスティバルホールで上演されるオペラ「夕鶴」で、主役の「つう」を歌う佐藤しのぶは決意を込めてそう語る。第一線を走り続けるプリマドンナはデビューから30年を経てもなお、オペラへの変わらぬ情熱を持ち続けている。

 「夕鶴」は民話「鶴の恩返し」を題材にした木下順二の戯曲に、團伊玖磨(いくま)が音楽をつけてオペラにした。1952年に大阪で初演されて以来、上演回数は800回を超える。佐藤は2014年の全国公演で初めてつうを歌い、今回は再演となる。

 文化庁のオペラ研修所にいた23歳のころ、所長の團から直接「夕鶴」の指導を受けた。つうが夫の与ひょう…

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1217文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

  2. 時代の風 「嫌韓」とは何なのか 国益なきストレス解消=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 埼玉・飯能の県道で軽乗用車とゴミ収集車衝突 30代夫婦と生後6カ月男児の3人死亡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです