メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

オペラ「夕鶴」でヒロイン 魂に届く歌、歌いたい

「私は不器用だけど、人の倍努力をすればいいと思ってこれまで続けてきました」と語る佐藤しのぶ=梅田麻衣子撮影

 「魂に届く歌を歌いたい。それがオペラの本質だから」。3月に大阪・フェスティバルホールで上演されるオペラ「夕鶴」で、主役の「つう」を歌う佐藤しのぶは決意を込めてそう語る。第一線を走り続けるプリマドンナはデビューから30年を経てもなお、オペラへの変わらぬ情熱を持ち続けている。

 「夕鶴」は民話「鶴の恩返し」を題材にした木下順二の戯曲に、團伊玖磨(いくま)が音楽をつけてオペラにした。1952年に大阪で初演されて以来、上演回数は800回を超える。佐藤は2014年の全国公演で初めてつうを歌い、今回は再演となる。

 文化庁のオペラ研修所にいた23歳のころ、所長の團から直接「夕鶴」の指導を受けた。つうが夫の与ひょう…

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1217文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです