メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

マズアが……ブーレーズが逝った

ピエール・ブーレーズ

 年明け早々の1月5日、フランスの作曲家で指揮者としても活躍したピエール・ブーレーズの悲報が飛び込んできた。90歳の大往生だった。

 作曲家として「ピアノ・ソナタ2番」やアルトと6楽器のための「ル・マルトー・サン・メートル」といった貴重な曲を残し、指揮者としても玄人筋をうならせた。1967年の大阪国際フェスティバルに初来日してNHK交響楽団と共演。《トリスタンとイゾルデ》を振って以来、日本には何度もやって来て名演奏を披露。2009年には京セラの稲盛和夫名誉会長によって設立された「京都賞」を受賞している。

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1181文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍首相は誰に向けて語っていたのだろうか わずか16分間の会見を考える

  2. 首相また会見18分、質問二つで終了 追加受けず 帰省「一律自粛求めず」

  3. 首相会見に識者「政府の責任から逃げている」「質疑は『おまけ』という姿勢」

  4. クックパッドニュース 目からウロコ!ガス代が節約できる「パスタ」の茹で方

  5. 沖縄県、新たに159人感染 過去最多を更新 新型コロナ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです