メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
音楽徒然草

マズアが……ブーレーズが逝った

ピエール・ブーレーズ

 年明け早々の1月5日、フランスの作曲家で指揮者としても活躍したピエール・ブーレーズの悲報が飛び込んできた。90歳の大往生だった。

 作曲家として「ピアノ・ソナタ2番」やアルトと6楽器のための「ル・マルトー・サン・メートル」といった貴重な曲を残し、指揮者としても玄人筋をうならせた。1967年の大阪国際フェスティバルに初来日してNHK交響楽団と共演。《トリスタンとイゾルデ》を振って以来、日本には何度もやって来て名演奏を披露。2009年には京セラの稲盛和夫名誉会長によって設立された「京都賞」を受賞している。

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1181文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転、傷害容疑で手配の43歳男を逮捕 大阪市内で茨城県警

  2. 「ナガシマスパーランド」ジャンボ海水プールに4万5000人 三重・桑名

  3. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  4. ORICON NEWS 『サザエさん』マスオ役41年・増岡弘が卒業で感謝と惜しむ声続々「増岡マスオロスだ…」

  5. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです