メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

初の推薦入試、77人合格 狭き門、募集人数届かず

 東京大は10日、この春入学する学生から初めて導入した推薦入試で77人が合格したと発表した。募集の目安は10学部で100人で、「200〜250人の出願が予想されていた」(駿台予備学校)というが、出願は173人にとどまり、合格者も目安を下回った。

 記者会見した南風原朝和(はえばらともかず)副学長は「推薦要件の例として挙げたもの(科学オリンピックの受賞歴など)が必須条件のように受け取られた。要件の記述の仕方を見直したい」と述べた。

 特定の分野、活動で卓越した能力や意欲を持つ学生に来てもらおうと導入。書類審査による1次選考を経て、面接や小論文、大学入試センター試験の結果(おおむね8割以上の得点が目安)を総合評価。合格者のうち女子は29人で関東圏以外の高校の生徒は43人。いずれも昨年一般入試に占める割合より高かった。

この記事は有料記事です。

残り540文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

  2. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  3. ホンダが準決勝進出 先発・朝山が好投 西部ガス敗退 都市対抗

  4. GoToトラベル利用のバス旅行で10人がコロナ感染 福岡

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです