メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

創作の原点

指揮者・福田一雄さん 平和が開いた音楽の道(その1)

福田一雄さん=東京都世田谷区で、猪飼健史撮影

 日本バレエ界の発展を音楽面から支えてきた、福田一雄さん(84)。昨秋には「指揮者としての還暦」を迎え、東京都内で記念演奏会を開いた。バレエ音楽を「格下」とみる風潮もものかは、「舞台芸術こそ文明の華であり、平和の象徴」と、孤軍奮闘してきた60年。その原点には生粋の「学習院育ち」ならではの、「復興への誓い」があった。【斉藤希史子】

 男爵家出身の母がバイオリンをたしなんでいたことから、5歳で絶対音感教育を受け、ピアノをモスクワ音楽…

この記事は有料記事です。

残り1547文字(全文1762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです