メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

脳腫瘍の16歳、作曲支えに(その1) 瞳輝くメロディー

自身が作詞作曲した「くじらぐも」の演奏を聴き終え、拍手する加藤旭さん=東京・銀座で、丸山博撮影

 よく晴れた冬の昼下がり。神奈川県鎌倉市の閑静な住宅街にある自宅の一室で、加藤旭(あさひ)さん(16)は恩師ともいえる昭和音大准教授、三谷温(みたにおん)さん(56)と打ち合わせをしていた。

 旭さんが幼少期に作曲したピアノ曲の楽譜発刊や新曲の発表会、鳥のさえずりや川のせせらぎなど自然音を使った曲への挑戦……。「いろいろ考えてみよう」。三谷さんが話しかけると、ベッドに横たわった旭さんは「はい」とうなずいた。13歳で脳腫瘍を発症し、視力をほぼ失ったが瞳は生き生きと輝いて見える。

 旭さんは同市の栄光学園高等学校1年生。中学の頃から闘病生活を続け、現在は自宅療養している。

この記事は有料記事です。

残り523文字(全文808文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. 大宮・南銀のキャバクラ全従業員にPCR検査へ 100軒が対象 さいたま市

  3. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  4. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

  5. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです