メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外岐阜と長野に大雨特別警報 レベル5、最大級の警戒を
ストーリー

脳腫瘍の16歳、作曲支えに(その2止) 僕がいる意味って

放射線治療で入院中の手帳で「make a wish(願い事をする)」と書かれたページの冒頭に、「自分の作った曲をなにかに役立てたい」とつづった=横浜市内で、宇多川はるか撮影

 <1面からつづく>

 ◆自問続け「誰かの役に立ちたい」

 加藤旭(あさひ)さん(16)=神奈川県鎌倉市=が頭痛を訴え出したのは2013年10月初旬、部活動のバドミントンに励む中学2年の秋だった。家族は初め、「ぜんそくのせいかな」と考えた。その持病は、低気圧の影響で発作が起きやすくなるとされ、台風の季節になると、調子を崩すことが多かったからだ。

 しかし、痛みはやがて勉強を妨げるほど強くなり、ある日、授業中に耐えられなくなった。「病院へ行く」。旭さんは母希(のぞみ)さん(43)に携帯メールで伝え、自宅近くの脳神経外科を受診した。磁気共鳴画像化装置(MRI)で、はっきりと脳腫瘍が確認された。

この記事は有料記事です。

残り4647文字(全文4942文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「健康とはほど遠い」 陰性になっても続く倦怠感と嗅覚障害 新型コロナ「後遺症」

  2. メイドら12人の感染確認 秋葉原「@ほぉ~むカフェ」2店 客に濃厚接触なし

  3. 3歳娘を自宅に8日間放置し死なす 育児放棄の疑いで母を逮捕 警視庁

  4. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  5. 伊藤詩織さんへのデマやバッシング 荻上チキさんの70万件分析で見えた傾向

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです