メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
被災地に癒やしの調べ

「この地に人の流れを」――被災地、名取で行う清水真弓の3カ年プロジェクト

プラスチック製のトロンボーンを試奏する生徒たちと清水=閖上中学校で

 2月21日、仙台市に隣接する名取市の文化会館で、トロンボーン奏者・清水真弓のリサイタルが行われた。清水は現在、ドイツの名門オーケストラ、南西ドイツ放送交響楽団(バーデン=バーデン&フライブルクSWR交響楽団)で首席トロンボーン奏者を務める精鋭だ。トロンボーンの名手、ブラニミール・スローカーに師事し、過去にはベルリン・フィルの付属アカデミー「カラヤン・アカデミー」にも所属した実力を持つが、本格的にプロを目指したのは22歳の頃。それまでは慶應義塾大学で物理情報工学を学んでおり、まさに異色の経歴の持ち主だ。 

この記事は有料記事です。

残り1332文字(全文1592文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです