メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

古希を超えても若々しいバレンボイム

写真提供=東芝グランドコンサート事務局(C)堀田力丸

 15分、いや20分はゆうに続いた。マエストロ当人が制しなければ、まだまだ拍手は鳴り止まなかっただろう。 

 2月20日土曜日の東京・サントリーホール。満員の聴衆がスタンディングオベーションでたたえたステージにはダニエル・バレンボイム(73)とシュターツカペレ・ベルリン(ベルリン州立歌劇場管弦楽団)メンバーの晴れやかな顔があった。

 それにしても圧巻の総立ち拍手だった。思い出したのは1993年5月の南仏カンヌ国際映画祭。中国のチェン・カイコー監督(63)の「さらば、我が愛/覇王別姫」の正式上映だ。エンディングロールが流れ始めた途端に嵐のような拍手が客席中央に陣取っていた監督や出演者らに向かって沸き立った。作品はニュージーランド出身のジェーン・カンピオン監督(61)の「ピアノ・レッスン」とともに最高賞のパルムドールを贈られたが…

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1325文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソウル市長、遺体で発見 「遺言」残し失踪 元秘書がセクハラ訴え

  2. あぶり出された若年層感染 中高年へ「感染及ぶ兆し」 東京最多224人

  3. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  4. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  5. 改憲めぐる倒錯と二枚舌

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです