メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

古希を超えても若々しいバレンボイム

写真提供=東芝グランドコンサート事務局(C)堀田力丸

 15分、いや20分はゆうに続いた。マエストロ当人が制しなければ、まだまだ拍手は鳴り止まなかっただろう。 

 2月20日土曜日の東京・サントリーホール。満員の聴衆がスタンディングオベーションでたたえたステージにはダニエル・バレンボイム(73)とシュターツカペレ・ベルリン(ベルリン州立歌劇場管弦楽団)メンバーの晴れやかな顔があった。

 それにしても圧巻の総立ち拍手だった。思い出したのは1993年5月の南仏カンヌ国際映画祭。中国のチェ…

この記事は有料記事です。

残り1104文字(全文1325文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
  2. 盗撮 法の不備あらわ 被害者、流出おびえ
  3. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
  4. いま、性被害を語る 男はなぜ痴漢をするのか 性犯罪加害者治療に取り組む斉藤章佳さん 
  5. なりすまし 後絶たず 盗撮画像を添付/別人のわいせつ写真掲載 恐怖・不安、被害者「法整備を」

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです