メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

音楽徒然草

古希を超えても若々しいバレンボイム

写真提供=東芝グランドコンサート事務局(C)堀田力丸

 15分、いや20分はゆうに続いた。マエストロ当人が制しなければ、まだまだ拍手は鳴り止まなかっただろう。 

 2月20日土曜日の東京・サントリーホール。満員の聴衆がスタンディングオベーションでたたえたステージにはダニエル・バレンボイム(73)とシュターツカペレ・ベルリン(ベルリン州立歌劇場管弦楽団)メンバーの晴れやかな顔があった。

 それにしても圧巻の総立ち拍手だった。思い出したのは1993年5月の南仏カンヌ国際映画祭。中国のチェン・カイコー監督(63)の「さらば、我が愛/覇王別姫」の正式上映だ。エンディングロールが流れ始めた途端に嵐のような拍手が客席中央に陣取っていた監督や出演者らに向かって沸き立った。作品はニュージーランド出身のジェーン・カンピオン監督(61)の「ピアノ・レッスン」とともに最高賞のパルムドールを贈られたが…

この記事は有料記事です。

残り954文字(全文1325文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです